HOME » コラム・もっと英語に親しむために » 日本の英語教育について

日本の英語教育について

2013年1月、文部科学省はグローバル人材育成に向け英語教育の改革案を発表しました。
その目玉は小学校での英語教育の本格化です。

日本の公教育機関では、長らく中学校・高等学校の6年間の英語教育を行ってきました。しかしこれらの教育のみで英語を習得し、世界で活躍できる人はほとんどおらず本当に英語を身に付けたいなら、それ以外の教育が必要でした。
こうした状況に対し、さまざまな場面で日本の英語教育や英語を身に付けられない日本人の問題点が論じられてきました。
文法を重視し過ぎである、まずは会話力を付けるべきだ、英語教師の質が悪い、島国なので英語に接する機会が少ないなどなど。
日本人のこのような英語への苦手意識は、国際社会のグローバル化が進む一方、日本が長引く不況から抜け出せない一因ともみなされ政府はついには教育制度の改革にまで踏み出したのです。

ここでは英語学習に関する様々な情報を紹介していきます。
子供たちをグローバルに活躍できる人物に育てるためには実戦的な英語力の習得は必須事項です。

英語勉強する上で注目されているのが英語を理解する言語中枢の機能についてです。脳には様々な機能があり、その中でも英語を理解するために必要な言語中枢が注目を集めているのです。

・・・つづきはこちら

英語が苦手な日本人が多いのはどうしてでしょうか?日本人は小、中、高、大学さらには社会人になってからも英語を勉強する人は多くかなりの長い時間英語を勉強してるといえます。

・・・つづきはこちら

アメリカに留学して帰ってきた帰国子女の英語力ですが実際に帰国子女を採用している企業や大学の英語教授の話しを聞く帰国子女の中でも英語力が高い人とそこまで高くない人に別れるようです。

・・・つづきはこちら

小学生は英語の学習スタートに最適な時期です。CDのかけ流し・暗記・足し算などのアクティビティを通した継続学習で、中学生になる頃は大学の使用教材を無理なく訳できる力が身につきます。

・・・つづきはこちら

中学生の英語学習は学校の成績や進学・留学とも直結し、オールラウンドな英語力を養うことが大切です。将来的にも就職やビジネスに役立つので各人の理解度にあわせた学習方法が効果的です。

・・・つづきはこちら

高校生は部活などで忙しくなるので質の高い英語学習を効率的に行うことが大切です。ウザワシステムでは曜日や時間を選択できる個別対応で、大学受験や資格試験の準備を効果的に進められます。

・・・つづきはこちら

英語の習得には「読む」「聴く」ことによる英語のインプットの量を増やし、英語を聞くように音読をします。自分のレベルにあった英文の音読を繰り返すことで読解力やヒアリング力が向上します。

・・・つづきはこちら

大人になってから英語をマスターするためには、知っている単語を使って日記を書いたり、英字新聞を読むなど毎日英語に触れるようにしましょう。シャドーイングは話す力をつけるのに効果的です。

・・・つづきはこちら

2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、小・中・高等学校の学校教育もグローバル化が推進され、新たな英語教育が本格展開できるように、体制が整えられています。

・・・つづきはこちら

英語が苦手な人も、洋画好きな人はたくさんいます。映画は、英会話のシーンを実際に目で見て、聞きながら理解ができる、英語修得にもっとも適した教材です。英語修得目的で映画を観る手順を紹介します。

・・・つづきはこちら

人は、音楽を聴くと脳の活動が活発になります。とくに好きな曲を聴くと、認知機能が上がるということが脳の研究で明らかになっているのです。英語が苦手な人は洋楽英語学習方法ぜひ取り入れてみましょう。

・・・つづきはこちら

私たちが英語をなかなか習得できない大きな原因は、英語を使う場面がほとんどないからです。つまり、英語を使う場面を増やすことは、英語を覚えるもっとも近道なのです。

・・・つづきはこちら

近年、英語教育先進国への小学生留学が人気となっています。英語以外での母国語を持つ児童専門のクラスを持つアメリカ・シカゴや、会話力に注力するポーランドなど様々な国から検討しましょう。

・・・つづきはこちら

2011年、公立小学校高学年が対象であった外国語活動を必須に、英語教育開始を小学3年生まで引き下げるなどが決定しました。2020年東京オリンピックなどが視野に入った新しい試みです。

・・・つづきはこちら

英語を話すことのできない日本人は、7割を超えて存在しています。年齢を重ねることでの学習意欲の低下や、日本では母国語以外不要でも生活できるという背景が存在しています。

・・・つづきはこちら

日本の英語教育の歴史はいつ開始され、そしてその歴史はどのようなものになっているのでしょうか。明治維新に伴って始まった日本の英語教育の歴史を現代までたどりつつご紹介します。

・・・つづきはこちら

ジョン万次郎は日本で最初の英会話教本を出し、それまで英語に疎かった日本に英語力を広めていきました。元々は漁師だった万次郎の人生は、とても壮絶で華麗なものでした。

・・・つづきはこちら

日本の英語教育は最近では低年齢化して、小学生から義務教育として教えられています。ですが日本の英語教育だけではなかなか教わらないような英語の表現もあるので注意が必要です。

・・・つづきはこちら

日本人の英語は、ローマ字読み・カタカナ発音で訛りが強く、ネイティブの人に伝わりにくいようです。対策としては、ネイティブの発音を毎日聞いて耳を慣らし、マネするといいでしょう。

・・・つづきはこちら

学校で習った英語ではない、ネイティブな言い回しと言うのがあります。こういった言葉は、覚えておくと相手に感心されるだけでなく、意外と様々なシーンで便利に使えるのでご紹介します。

・・・つづきはこちら

中学生の間は比較的、簡単な英語教育から始まりますが、その段階で壁にぶつかると、英語に対して苦手意識を覚えてしまうことがあります。理解することで英語に対する意識を変えていきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語をきちんと理解しておくことで、受験の際の評価に繋がり、志望校の選択肢も広がります。また就職の際にも英語力は有利になります。さらに海外旅行などの際に受け答えもできます。

・・・つづきはこちら

中学英語の学習において、単語の暗記は不可欠ですが、多くの難しい単語を暗記するため、自分に合う方法を見つけましょう。書くだけでなく、声に出して読むことも大切です。

・・・つづきはこちら

中学1年生の中学英語が理解しているか、ないかで得意になるかが変わってきます。とても苦手な人の場合、単語だけをたくさん覚え、後に文法を勉強した場合、理解できる範囲が広くなります。

・・・つづきはこちら

中学英語においてリスニング力はとても大切なポイントになりますが、鍛えるためには単語や文法もある程度の知識も必要です。ネイティブな発音でリスニング力はつけていきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手な人は、英語を聞き慣れることが大切です。そのためのきっかけとして音楽がおすすめで、最初は邦楽の英語歌詞があるものから入り、聴き慣れてから洋楽を聴くと良いでしょう。

・・・つづきはこちら

英語が苦手、嫌いな人は多く、中学英語を克服したい人は、どこが原因で苦手と感じて、嫌いになったのかを知ることが大切です。原因を知った上で、放置せず最適な克服方法を探していきましょう。

・・・つづきはこちら

集中力が必要な中学英語の勉強で、気が散るような環境は避け、リラックスできるような環境で勉強しましょう。慣れてきたら、徹底的に英語に囲まれた環境にするのも、早く覚えられる方法です。

・・・つづきはこちら

中学生にとって中学英語は今後英語が苦手教科になるかの境目です。中学英語は、勉強して学んでいく上で基本となっているため非常に重要です。学ぶポイントは音読を繰り返すことが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語は、英語の基礎となる部分であるため定期テストが終われば忘れて良いわけではありません。テスト前だけ一生懸命に取り組むのではなく、次の定期テストに向けて復習することが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語に対して苦手意識を持たずに、楽しくが勉強できるように、自分の日記を英語で書いてみてはいかがでしょうか。英語と日常的に触れ合うことで、苦手を払拭して学ぶことが出来るでしょう。

・・・つづきはこちら

中学生にとって、中学英語は今後勉強していく上で基礎となります。英語を楽しく勉強するためには、映画を見ることがおすすめです。楽しく映画を見ながら中学英語を学ぶためにはコツがあります。

・・・つづきはこちら

日本の中学英語は、自分の考えや相手に対する意見を発信する力を養うための教育が不足しています。これからの中学英語で求められるのは、英語で考え、伝えることができ、聞くというスキルです。

・・・つづきはこちら

高校受験の英語は、中学英語で習うことをすべて覚えていなくても基本ができていれば解ける問題が多いです。そのため、高校受験前は基礎から勉強した方が効率が良くなります。

・・・つづきはこちら

中学英語は、苦手な人と得意の人にはっきりわかれる教科ですが、勉強方法次第で、効率よく成績を上げることができます。無理のない範囲で、できるところから確実に理解していくことが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手という人も少なくありません。中学英語の悩みの一つに、勉強方法がわからないということがあります。正しい勉強方法と自分なりの勉強方法を上手に両立していくことが大切です。

・・・つづきはこちら

道案内は中学英語で説明することができます。単語単体で覚えるのではなく、フレーズで覚えていきましょう。英語で道案内ができたという体験は、記憶に定着しやすく英語習得への一歩となります。

・・・つづきはこちら

中学英語から苦手意識を持たないように、英語は楽しいものだと感じるような勉強方法で学びましょう。歌や漫画、アニメなど自分が好きなもので英語を勉強してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

中学英語を学校の授業以外で学ぶ方法のひとつに英語教室があります。集団指導と個別指導のメリットを同時に得ることができるグループの中の個別指導という形態がおすすめです。

・・・つづきはこちら

英語は、以前に比べて需要が増していますが、苦手に感じている中学生も多いのではないでしょうか。2年生になると難易度の高い内容になるため、自信を失くしてしまうことが多いです。

・・・つづきはこちら

中学生で習う英語は基礎が中心となっていますが、進級するに伴い、難しく感じてしまうことが多いです。間違えやすい中学英語を知っておくと、戸惑うことなく学ぶことができるでしょう。

・・・つづきはこちら

英語を学ぶ目的は様々ですが、英語圏に住む人たちと交流を持てるように自己紹介ができるようになっておきましょう。相手にわかりやすいように簡潔に伝えることがポイントとなります。

・・・つづきはこちら

中学英語を効率よく学習するために、様々な勉強方法が行われています。しかし、男女によって適した勉強法は異なります。それぞれの脳や性格を意識した方法を実践しましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語だけではなく語学を覚えるためには、単語の暗記は欠かせません。テスト形式での暗記をしたり、自分で発音をしたりすることも大切です。単語帳を眺めているだけでは難しいでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語におすすめできる参考書は、自分のレベルに合っている内容のものとなります。英語に対して興味を持ちやすいものが理想で、目的に応じた参考書を選ぶことが大切です。

・・・つづきはこちら

中学校の定期テストは、普段の授業を受け、黒板に書かれた内容をノートにまとめ、自宅で復習をすることが重要です。また、教科書に沿った問題が出題されるため、教科書を読んでおきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語を学ぶ際に「とりあえず」という気持ちで勉強している人がいますが、目標を立てるメリットがあります。目標を立てていないまま中学英語を学んでいる人はメリットを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語を勉強する際に、アウトプットは非常に大切です。アウトプットを向上させるためには、継続することです。毎日の生活に中学英語を取り入れることを意識してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

中学英語を勉強する上で必須アイテムの辞書は様々な種類があるためどの辞書を選ぶべきか迷う人が多いでしょう。実際に中身をみて、文字の大きさや例文を比較して選んでみてください。

・・・つづきはこちら

中学英語は基礎が大切です。文法によって単語や動詞の形が変わります。基礎を一度理解すると、応用問題もスムーズに解くことができたり、簡単な英会話ができるようになるでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語で学ぶ内容のひとつにリーディングがあります。リーディングの問題を解くためには長文を読む力と理解する力が必要です。リーディングの攻略ポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語は成績を伸ばしやすい科目ですが、基礎ができなければ後々、授業についていけないという状況に陥ります。理解できない部分は、復習をしたりなど早めに解決することが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語は簡単な文法や単語が多いですが、仕事でも役立つ英語がたくさんあります。仕事でよく使用するフレーズを覚えておくと良いでしょう。簡単な単語が多いため覚えやすいです。

・・・つづきはこちら

TOEICはビジネス英語の力を測定するために作られたテストなので、中学英語レベルでTOEICテストを受験するときには、時間配分や目標設定を明確にすると良いでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語の英文ができないという子供は、文法の勉強方法が間違っている可能性があります。まずは文法を考えられるようにならなければなりません。文法を理解させることから始めてみてください。

・・・つづきはこちら

中学英語を学んでいる子供を持つ保護者は、英語教育の今後について不安に思っているのではないでしょうか。今後の中学英語は実用性が伴った英語教育へと変わっていくことでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語で学ぶ基礎は英会話にとって非常に重要な要素ですが、それだけでは英会話ができるようになるとは言い切れません。実際に話す力と、聞く力を身につけることが重要です。

・・・つづきはこちら

中学英語のテストでは、アクセントの問題が出題されるため、アクセントを理解するポイントを知っておきましょう。耳で正しい発音を覚えることで正しいアクセントが身につきます。

・・・つづきはこちら

中学英語で学ぶ文法に、受動態や能動態があり、書き換えを中心にした問題が出題されることが多いです。難しい説明をしても理解できない子供には、シンプルで簡単に解き方の説明をしましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語では覚える単語や文法が増えます。実際に約6割の子供が中学英語の授業を理解していないと答えているのです。お子さんの理解度を保護者が気づくことが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語レベルであれば英検5級から3級を受験することができます。英検5級の合格率は81〜82%、4級は70%前後、3級は52〜54%です。5級から一段ずつ受験していきましょう。

・・・つづきはこちら

中学一年生から中学英語につまずく人が多いです。一度つまずくと、英語に対して苦手意識や嫌いと思ってしまう子どもも少なくありません。つまずかないための勉強方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語を学び始めると、英語と日本語の違いに戸惑う子どもも少なくありません。語順や文字など日本語と英語の違いはたくさんありますが、どのように違うのかを理解しておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語を勉強する意味は、将来のためにですが、入試の際に有利な学校や、入学後に優遇する学校があります。国際化が進んでいるため、子どもの将来にとっても役立つでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手な中学生が定期テストで良い点を取るためには、効率よく勉強する必要があります。まず苦手な部分を見つけましょう。どこを勉強すれば良いかがわかるため、効率よく勉強できます。

・・・つづきはこちら

定期テスト前に一夜漬けで勉強する子どもは多いですが、中学英語では覚えなければならないことがたくさんあるため、心配になる保護者も多いでしょう。一夜漬けの勉強方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

定期テストのためにしっかり中学英語の勉強をしてきた子どもも悪い点数を取ってくることがあります。特に、長文が解けない子どもが多いです。勉強方法から見直してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

中学英語で多くの子供が苦手な英文法は、しっかりと理解しないと、高校英語も難しくなるでしょう。中学英語の英文法は、英語学習の基本になり、英語を読み、書き、話し、聞くときの最低限のルールです。英文法は、一度理解すると問題が解きやすくなります。

・・・つづきはこちら

中学英語の正しい発音を身につけるコツがあります。それはフォニックス読みをマスターすることです。アルファベット3文字の単語はフォニックス読みで発音ができると言われています。

・・・つづきはこちら

中学英語では、ミスしやすい文法があります。順調に勉強が進んでいる子も、ミスをしてしまう可能性があるでしょう。ミスはそのままにせず、しっかり理解していきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手や嫌いな子には、洋楽で楽しみながら勉強させてみてはいかがでしょうか。おすすめの洋楽があります。楽しみながら中学英語を学べる洋楽を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語を勉強するとき、良い勉強法と悪い勉強法があります。子供の成績がなかなか上がらないという場合は、悪い勉強法をしている可能性があるため、家庭での学習方法を見直してみましょう。

・・・つづきはこちら

学校の授業より少し先取りする学習と、学校の授業を無視した先取り学習の2つがあり、それぞれ中学英語における先取り学習のメリットが異なります。また、注意点もあります。

・・・つづきはこちら

2020年に大学受験は、大きく変わります。英語の学力が大学のレベルに大きく影響するので、大学受験を有利に進めるためには、使える英語をしっかり身につけ、対策が必要です。

・・・つづきはこちら

子供に英検を合格できるまで受験させている保護者も少なくありませんが、英検は合格することだけが目的ではありません。中学英語における英検への付き合い方を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語で覚えるべき単語数は1200語あると言われています。子供が通う学校によって少し差がありますが、中学1年生で500語、2年生で400語、3年生で300語だとされています。

・・・つづきはこちら

中学英語には問題点があります。例えば、子供の英語嫌いです。試験のために中学英語を勉強するとコミュニケーションの中で正しい英語を使うことができず、英語を好きになることが困難です。

・・・つづきはこちら

中学英語で学んだことを、ネイティブのように活用するには、発音が重要です。リンキングという音と音のつながりを意識して中学英語を学ぶと、ネイティブにような発音に近づけます。

・・・つづきはこちら

学校で使用する教科書や単語帳を丸暗記するだけでは、大人になったときに自分の気持ちを英語で伝えることは難しいです。大人になっても役立つ中学英語の学習をさせましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語の教科書には例文がたくさん載っています。例文を暗記すると主語や動詞、目的語などの正しい位置や単語が覚えやすくなります。使用場面をイメージしてアレンジすることも効果的です。

・・・つづきはこちら

中学英語を活用して留学をする際にはホームステイがおすすめです。中学英語でも理解ができることで、自信にもつながります。留学した際に使える中学英語を覚えておくと良いでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語でも読める英字新聞があります。子どもの英語力を更にレベルアップさせるために英字新聞を読ませてみてはいかがでしょうか。実用的なリーディング力や語彙力が身につきます。

・・・つづきはこちら

中学英語で英検を受ける子どもも多いのではないでしょうか。英検合格のポイントは、過去問にあります。過去問は実際に出題された問題であるため、似たような問題が出題される可能性が高いです。

・・・つづきはこちら

子どもに中学英語に興味を持ってもらいたいと思っている保護者も多いのではないでしょうか。家庭内で少し工夫をすると、興味を持たせることができます。洋楽や洋画がおすすめです。

・・・つづきはこちら

春休みは新学年が近いため、予習をさせて、これからの中学英語の成績を上げようと考える保護者も少なくありません。しかし、中学英語は予習よりも復習が大切なポイントになります。

・・・つづきはこちら

付箋には様々な使い方がありますが、中学英語の成績を上げる付箋の使い方があります。特徴を最大限に活かす活用法で、中学英語を勉強させましょう。単に貼るだけでは意味がありません。

・・・つづきはこちら

東大生がやっていた中学英語の勉強法を子どもにさせると効率良く勉強が進むでしょう。東大生がやっていた勉強法は、効率が良い勉強法です。まずは勉強法を真似させてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

中学英語の成績を上げるためには学校の授業だけではなく、自宅学習も非常に重要です。毎日の自宅学習で復習させることで、定期テストでも焦らずに取り組むことができるでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語はインプットさせるだけではなく、アウトプットとのバランスが非常に大切です。インプットは声に出すと効果的です。アウトプットは、インプットした英語を実際に使うことが重要です。

・・・つづきはこちら

中学英語は夏休みの勉強次第で大きく成績が変わります。毎日1時間以上勉強するといった目標を立てずに、毎日の復習時間をゼロにしないといった目標を立てると成績が伸びます。

・・・つづきはこちら

中学英語の成績が上がらないと悩んでいる保護者も多いでしょう。勉強しても中学英語の成績が伸びない場合は、どこかに原因があります。原因を探ることから始めてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

苦手意識や不得意に感じると、中学英語に対するやる気も起きなくなります。やる気を引き出すためには、自信をつけさせると効果的です。自信をつけさせるための勉強方法があります。

・・・つづきはこちら

中学英語ができない子どもの特徴は、単語や熟語を覚えていないことや教科書の内容や単語を暗記していても文章が書けないことが挙げられます。理由を把握し、適切な勉強法を取り入れましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語における熟語が苦手な子どもは少なくありません。単語は覚えることができても、熟語が中々覚えられないという子どもには、熟語に意味を持たせて暗記させると良いでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語は動詞がわかれば簡単です。まずは文章の中でbe動詞、一般動詞はどれなのかを理解させ、それぞれ肯定文、疑問文、否定文の3つに書き換えます。次に複数形と三単元を覚えさせます。

・・・つづきはこちら

発音が苦手な子どもには、中学英語を発音する際にフォニックスから身につけさせましょう。難しい英単語になるほどフォニックス読みが当てはまるため、英単語が発音しやすくなります。

・・・つづきはこちら

中学英語の暗記が苦手な子どもは、夜に覚えさせると効果的です。暗記は夜よりも朝の方が効果的だと感じる人もいますが、夜に暗記させると良い理由は脳の仕組みに関係しています。

・・・つづきはこちら

中学英語の英文が中々覚えられない子どもには、覚える3つのポイントを教えてあげましょう。書くだけでは覚えにくかった英文も3つのポイントを意識すると、英文が覚えやすくなります。

・・・つづきはこちら

中学英語を勉強する際に、集中して学習をしてくれないという子どもは、環境に問題があるかもしれません。集中できる部屋づくりのポイントは、無意識を集中させるところにあります。

・・・つづきはこちら

中学英語がはかどる睡眠のとり方には、3つのポイントがあります。集中力がない状態で何時間も中学英語を勉強しても非効率です。集中するためには、十分な睡眠が必要になります。

・・・つづきはこちら

中学英語では、過去問を分析することが大切です。過去問を分析すると次のテストでの出題傾向を予測することができるため、テスト対策方法もそれに合わせて勉強することができます。

・・・つづきはこちら

中学英語の教科書に載っている本文は、英文を日本語訳にできるようにして、日本語訳から英文に直せるようにしましょう。新しいノートを準備し、勉強させてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

子どもにスマホを持たせている保護者も多いでしょう。スマホのアプリを使用して中学英語を勉強することができます。勉強が進まない、集中できない子どもにはアプリを使ってみてください。

・・・つづきはこちら

中学英語でつまずきやすい英文法のひとつに、時制があります。特に現在形は中学英語の範囲の中でもつまずきやすいです。まずは、現在形と過去形の違いを理解させることが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語の勉強法には様々ですが、どの子どもにも合うというわけではありません。性格に合った勉強法を取り入れましょう。まずは、子どもの性格がどのタイプなのかを把握してください。

・・・つづきはこちら

中学英語は学校で指示された通りに学習するだけでなく、子どもが自分で計画を立てて自主的に取り組むことが求められます。保護者は中学英語に触れさせる機会をつくるように工夫しましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語の勉強を子どもにさせるために、問題集を活用させる保護者も多いです。様々な問題集がありますが、成績アップにつながる問題集を使って中学英語を勉強させなければ、意味がありません。

・・・つづきはこちら

中学英語の試験などで失敗する子どもが少なくありません。失敗してしまう原因は、中学英語を暗記科目として考えてしまうからです。失敗しないポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語は停滞期や後退期がありますが、TOEICのスコアが伸びない理由は勉強法にある場合が多いです。保護者は一度、子どもの勉強密度をチェックしてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

夏休みは中学英語の学習にもしっかり取り組んで欲しいものです。どれだけ効果的な勉強を継続してできるかが大切なポイントになるため、理想的な夏休みの過ごし方について知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語が不得意な子供も少なくありません。中学英語が不得意かどうか見極めるポイントがあります。子供が不得意かどうかをしっかりと見極め、適切な学習方法を取り入れましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手と感じている子供が多いです。子供が中学英語を苦手になる原因は、文法がわからない、単語が暗記できない、英文読解ができないことです。子供に合った勉強法を取り入れましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語は学校の授業だけで十分だと思っている保護者もいるのではないでしょうか。しかし、自宅学習もとても重要です。自宅学習で中学英語の基礎知識を身につけさせましょう。

・・・つづきはこちら

高校入試を意識して中学英語の学習に取り組んでいる子供もいるのではないでしょうか。参考書の正しい使い方を理解させた上で、中学英語の学習に取り組ませることが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手な子供を得意にさせたいと考えている保護者もいるでしょう。中学英語を得意科目にすることはそれほど難しいことではありません。正しい学習方法で毎日少しずつ勉強させましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語の学習は子供一人の問題ではありません。親子で楽しみながら自宅で中学英語を学ぶことで、子供の英語力はアップします。勉強が楽しいと感じると自宅での学習も積極的になるでしょう。

・・・つづきはこちら

子供に中学英語を勉強させたい場合は、朝に勉強時間をつくってみましょう。プライミング効果により、朝に中学英語を勉強しておくと、起きている間ずっと脳の英語モードが緩やかに続きます。

・・・つづきはこちら

子供に中学英語を効率よく勉強してほしいと思っている保護者も多いのではないでしょうか。見聞きする中学英語はとにかく真似させてみましょう。真似る英語は関心のあるフレーズや単語です。

・・・つづきはこちら

紙タイプの辞書を使って単に印をつけた多さに満足してしまっては中学英語は上達しません。正しい電子辞書の使い方をマスターさせ、わからない単語はすぐに調べさせる習慣をつけさせましょう。

・・・つづきはこちら

頑張って中学英語を勉強していても、頭に入らない子供も少なくありません。その場合は、体を使った勉強法を取り入れてみてください。手、耳、口全てを使うことがポイントです。

・・・つづきはこちら

大学受験に向けて中高一貫校では定期テストの英語の比率が高くなります。選べる大学の幅が大きく変わってくるためです。テストに向けて効果的な勉強法を知っておくことが重要です。

・・・つづきはこちら

英語は大学受験を考えている生徒にとって必要な科目です。学校生活や部活、友人付き合いなどで忙しい毎日を送る人も多いですが、中高一貫校では中だるみしやすいため継続した勉強が大切です。

・・・つづきはこちら

中高一貫校に入学して英語の資格を取ろうと考えているなら、できるだけ学年が早い時期に取得を目指すことをお勧めします。英検は最低でも試験の1ヶ月前から準備をしておきましょう。

・・・つづきはこちら

中高一貫校に入学すると大学受験に有利だと考える人もいます。しかし、学校に全て頼ってしまうと上手く行かないことも出てきます。英語も毎日の学習の中で基礎を固めることが必要です。

・・・つづきはこちら

中高一貫校の英語授業のスピードは速いです。これは大学受験に向けての授業を行うためであり、5年間で高校までの授業を行っていき、残りの1年間で大学合格に向けての取り組みを行います。

・・・つづきはこちら

中高一貫校は高校受験がなく、かつ英語の授業が進むスピードも速いです。さらに、周りの生徒の多くも英検合格に向けて勉強しており、安心して勉強に専念できる環境にあります。

・・・つづきはこちら

中高一貫校で難関大学合格にするためのポイントになるのが英語であるのは間違いありません。苦手意識があればそのまま点数を稼げない理由になるため、事前に対策をするのが望ましいです。

・・・つづきはこちら

中高一貫校入学後にはいかに英語で好スタートを切れるかを考えないといけません。苦手意識を持ってしまうことがそのまま大学合格に向けての勉強をするにあたってのマイナスになります。

・・・つづきはこちら

無料教室見学会実施中!
無料教室見学会実施中!
ページTOP